自 閉 症 診断 テスト。 自閉症スペクトラム障害

アスペルガー症候群診断テスト(自閉症スペクトラム指数チェック)

自 閉 症 診断 テスト

大人のASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など) 「発達障害」の1つである「ASD(自閉症スペクトラム)」は先天的な脳機能障害であり、いわゆる「自閉症」や「AS(アスペルガー症候群)」もこのカテゴリの中に含まれます。 このページでは大人の「ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)」の特徴や診断基準、得意な仕事や仕事での困りごととその対処法についてまとめています。 ASD の人は、学校や職場など社会の様々な場面で 人とのコミュニケーションや関わりに難しさが生じることが多くあります。 また興味や関心が狭い範囲に限られやすく、 独特のこだわり行動や振る舞いが見られることもあります。 他にも五感などの感覚が人よりとても敏感に感じたり、逆にほとんど感じない分野がある人もいます。 このような特性は人によってどの特徴が強く出るか、またどの程度の強さなのかもまちまちです。 全く同じタイプの人は二人といないと言ってもよいでしょう。 基本的に生涯これらの特徴を持ち続けますが、大人になり求められる行動基準が高くなってから初めて困難さが明らかになることもあります。 「3つ組の障害」 1979年にイギリスの児童精神科医ローナ・ウィングは、「ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)」を含む自閉症の人が持つ特徴として「ウィングの3つ組」を提唱しました。 ASD を理解する上でこの「3つ組の障害」という視点から考えるのが分かりやすいのでご紹介しておきます。 自閉症の人が持つ特徴 「ウィングの3つ組」 社会性の質の違い 周囲の人とかかわる時に適切にふるまうことができず、相手と関係を築いたり、築いた関係を維持していくことが難しい。 コミュニケーションの質の違い 相手が言っていることや感じていることを理解したり、気づくのが難しい。 また自分が言いたいことや感じていることを相手にわかりやすく伝えたり、表現するのが難しい。 想像力の質の違い 自分が見たり予想していた以外の出来事や成り行きを想像したり納得することが難しい。 自分の興味のあることや心地よいパターンの行動に強いこだわりがあり、想定外の行動を取ることに抵抗を示す。 ASD の特徴 ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)の特徴について説明します。 グループでの業務・活動が苦手 ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)のお子さんには幼稚園・保育園や学校などの集団生活になじめない人が少なくありません。 授業や行事で一斉に同じ活動をしたり、クラスの中で他のお子さんと 適切な距離感を取りながら付き合うのが苦手な人が多いです。 大人になっても職場や町内会・親戚付き合いなど様々な場面で集団活動に参加する必要があります。 しかも子どもの頃よりも与えられた役割を果たすことを求められるようになり、「パス」したくてもできない事が多くなります。 仕事の場面で言えば、 ASD の人は一人で黙々と作業をするのは得意な傾向にありますが、チームで業務を行うのが苦手な人が多くいます。 よく「空気が読めない」と表現される状態です。 チーム内で孤立してしまったり、周囲と足並みを揃えずに自分が良いと思ったことを独断で行い、他のメンバーを混乱させてしまうことがあります。 言葉や図で説明されない限り、本人にはチームがどんな目標のためにどうやって動いているかを理解したり、それを踏まえて自分はどう動けばよいかを理解するのが難しいのです。 結果として周囲からは非協力的な態度だと受け取られてしまいやすくなります。 やり取りがうまくかみ合わない ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)の人の中には、子どもの頃に言葉の発達に遅れがあると指摘を受けていた人も多くいます。 その後成長して日常生活の読み書きや会話は十分できるようになった人でも、独特の言葉の使い方をすることがあります。 少し表現が不自然な程度であればやり取りしていても大きな問題にはなりません。 しかし、 言われたことを独自に解釈して理解のズレが生じたり、わかりにくい表現をして相手にうまく伝わらないことも少なくありません。 仕事の上では業務の指示を誤って理解したり、報告や相談をするときに話が分かりづらく支障が出ることがあります。 また職場では状況が色々と変化する中でその場で言われたことを理解し適切に返答するといった動的なコミュニケーションが求められるようになります。 そのようなスピード感があり、きちんと具体的に説明しないやり取りだと理解が追いつかなかったり言いたいことをぱっとまとめて伝えられないという人も少なくありません。 学校では急な変化が少なく自分のペースで落ち着いてやり取りできる静的なコミュニケーションが多いため、学校生活では問題が目立たない人もいます。 毎日やることが決まっているからです。 しかしそのような人でも 就職してから急に困りごとが深刻になることがあります。 言葉の使い方以外にも、会話をする中で相手がどんな気持ちでいるか表情などの様子から読み取ったり、読み取った 相手の気持ちを踏まえて伝え方を修正することが苦手です。 そのため例えば怒っている相手に火に油を注ぐようなことを気にせず伝えてしまうといったことが起こりがちです。 他にも会話を円滑に進めるために笑顔で応えたり共感の気持ちを態度で示すことがうまくできず、会話をしていても何となくぎくしゃくした雰囲気になってしまうこともよくあります。 自己流で物事を進めたがる ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)のあるお子さんは 特定の物事を手順通りに行うことに強くこだわることがあります。 例えばいつもの道順でなく別の道から行こうとすると拒否したりします。 自分の知らない別の方法ではどんな結果になるか想像ができず、恐れや抵抗を強く感じてしまうためです。 子どもであればパニックになるほど混乱することもありますが、成長するにつれてそのような場面は減っていきます。 しかし大人になってもあらかじめ説明してもらえないと、 自分が納得した方法で物事を進められない時には困惑してしまうことがあります。 仕事であれば、マニュアルや指示の通りに作業をするよう言われていても、 自分が気になってしまうと作業を先に進めることができなかったりします。 中には 指示されていないことも気になってしまい、違う方向に作業してしまう場合もあります。 このため作業の効率が落ちたり作業が完了できなくなることもあり、職場での評価が下がってしまうことも残念ながら少なくありません。 診断名の変化 「自閉症・アスペルガー症候群」から「自閉症スペクトラム」へ もともと発達障害の歴史は1940年代のアメリカの精神科医レオ・カナーによる知的障害をともなう「自閉症(カナータイプ)」の研究から始まりました。 そのため1970年代までは「自閉症」というと知的障害があるという認識が一般的でした。 その後1979年に、上記「3つ組の障害」で取り上げたローナ・ウィングが、1940年代にオーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーが行っていた知的な遅れのない自閉症の研究について改めて取り上げました。 ウィングがアスペルガーの研究にちなんで 「知的障害をともなわない自閉症」のことを「アスペルガー症候群」と名づけたことで、その存在が世界中に知られるようになりました。 その際に古典的な「自閉症」や「アスペルガー症候群」、また「特定不能の広汎性発達障害(全ての特徴はそろっていないが「自閉症・アスペルガー症候群」のいくつかの特徴を持っている)」などを 「自閉症スペクトラム」に統合することになりました。 虹の色が連続して変わるように、特性の出方が人によって強く出たり、弱く出たりしているという、「自閉症」の新たな捉え方を打ち出しました。 ASD の診断 診断までの流れ ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)を診断できるのは医師だけです。 診断を受けたいと思ったら、 精神科や心療内科に通院する必要があります。 発達障害を診ることができる医療機関はまだまだ多いとは言えませんので、 お住まいの自治体の障害福祉課や発達障害者支援センターなどで、発達障害に詳しい医療機関の情報を集めた上で通院先を選ぶことをお勧めします。 クリニックでは医師の問診を主に行います。 初診では生育歴の聞き取りなどで1~2時間程度時間を取ることもあります。 通常の診察は1回15分程度が一般的です。 「発達障害」のある人は能力のばらつきが大きいため、各項目の IQ 値の差(ディスクレパンシー)が通常より大きく出ることが多くあります。 いわゆるアスペルガー症候群の人は言語理解などの言語性が高く、処理速度などの動作性が低く出ることが多いでしょう。 逆に動作性が高く言語性が低いという人も自閉症スペクトラムの人の中にはいるため、全体の能力の凸凹の様子を見た上で診断の参考にしているようです。 通院頻度は月1、2回から週に1回など個人差があります。 半年以上通院を続け、ASD の症状が継続して現れていることが確認できると、診断を受けることができます。 周囲から見て症状があまりわからないタイプの人は「自閉症スペクトラムの傾向がある」という言い方で医師から伝えられることもあります。 そのような人もとても困りごとが多かったり深刻だったりすれば支援を受ける必要がありますので、障害者枠での就労など必要な支援を受けるのに確定診断が必要な場合は、主治医に相談されることをお勧めします。 社会でのコミュニケーションや対人交流の持続的な障害• 社会での情緒的な相互交流の障害 興味や感情、愛情など相手と共有できる割合が少ないために、一般的でない人へのかかわり方をしたり言葉のキャッチボールに失敗してしまうような例から、人とのかかわりを自分から持てなかったり相手からの働きかけに反応できない例まで幅広くある。 社会的交流における非言語コミュニケーション行動の障害 アイコンタクトやボディランゲージが一般的でない使い方だったりジェスチャーの意味理解や使用がうまくできない例から、表情や非言語コミュニケーションが全く欠けている例まで幅広くある。 人間関係を築いて保ち理解することの障害 様々な社会的文脈に合わせて行動を変化させることに難しさがある例から、一緒にごっこ遊びをしたり友達を作るのが難しい例、また仲間を作ることに全く興味がない例まで幅広くある。 限られた反復されるパターンの行動や興味、活動(以下の項目のうち少なくとも2つに当てはまる)• 型にはまった体の動き、物の使用や発話 単純な常同運動やおもちゃを一列に並べる、物をひっくり返す、エコラリア(オウム返し)、奇妙な言い回しなど• 同一性へのこだわり、決まった手順への融通の利かない固執、儀式化された言語もしくは非言語行動パターン 小さな変化に対して過剰に嘆き苦しむ、変化への対応の難しさ、融通のきかない考え方のパターン、儀礼のような決まった型での挨拶、決まり事を必ず行ったり同じものを毎日食べる必要性など• 集中の深さや狭さが一般的でないほど非常に限られている大変強い興味・関心 一般的でない物への強い愛着や没頭、過度に限られたもしくは固執した興味など• 感覚入力に対しての反応性の過度の上昇もしくは低下、もしくは周囲の環境の感覚的側面に対しての並外れた興味 痛みや温度に対して明らかに反応しない、特定の音や触感に対する強い拒否反応、過度に物のにおいを嗅いだり触ったりする、光や物の動きを夢中で追っているなど• 症状は早期の発達段階までに発現していなければならない(が、社会的な要求が限られた能力を超えるまで全てが現れないかもしれない。 もしくは後天的に学んだ対処法で見えなくなっているかもしれない。 社会生活を送る中で人間関係などでの困りごとが深刻で、強迫、躁鬱、睡眠障害などの二次障害が起きている人には 二次障害用の治療薬が処方されます。 栄養バランスが乱れていることも多く、その際はサプリメント(ビタミン、ミネラル、乳酸菌など)が有効なこともあります。 ASD の治療薬の開発は国内外で行われています。 例えば人間の体内でホルモンや脳内神経伝達物質として働くオキシトシンを投与することで、自閉症のある人の社会性を改善するという臨床試験は国内の研究機関でも行われています。 しかし効果があるかどうかはまだ未知数であり、メカニズムも含め詳細はよくわかっていません。 しかし、実際には「社会性の難しさから空気を読んでいない(ASD的)」のか、「衝動的に行動している(ADHD的)」のか、また「こだわりから作業を続けている(ASD的)」のか、「過度に集中している(ADHD的)」のか、専門家でも判別しづらいことがあります。 そのため当社では診断名にこだわらずに、個別にアセスメントした上で具体的な支援方法を検討するようにしています。 よろしければご覧ください。 ASD の人が得意な仕事・職業 ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など)の特徴があると日常や仕事で不都合なことも起きやすいですが、その特徴のおかげで逆に 業務の上で長所として発揮できることも少なくありません。 「社会性の弱さ」のために周囲の視線や暗黙の了解にとらわれることなく、いい意味で周りを気にせずに自分の仕事に打ち込める人もいるでしょう。 「こだわり」が業務で求められている方針と一致すれば、 きっちりとルールを守り継続して同じ作業を続けられることを評価してもらえる職場も多いはずです。 また ASD のある人は多くの人が見逃しがちな細かい部分に気づいたり、ほかの人が面倒に思いがちな工程も抜け漏れなく行う特徴を持っている人が多く、 正確さを求められる業務では重宝されるでしょう。 他にも「自閉症スペクトラム」の人には嘘がつけず裏表のない実直な方が多く、まじめに仕事に取り組む姿勢はどんな業務でもプラスに評価されるでしょう。 ASD の人がはまり役になる可能性の高い職種は以下のようなものとなります。 ASD の方に向いている職業・職種 ルールやマニュアルがしっかりしている 経理・財務、法務・情報管理、コールセンターなど 専門分野の知識を活かせる プログラマー・テスター、テクニカルサポート、電化製品等販売員など 視覚情報の強さが活かせる CADオペレーターなど ASD の方に向く仕事や働き方について下記ページで解説しています。 よろしければご覧ください。 職場での「困りごと」と「対処方法」 困りごと1: 抽象的な指示を理解できない 「いい感じにやっておいて」などの抽象的な指示を受けた場合、ASD の方はどのように動けばよいのかが判断できず困ることがあります。 また、「多めに発注しておいて」などの指示も「多めとは、何個のことだろう?」となり把握が難しいでしょう。 対処方法 抽象的で分かりにくい部分について 上司や同僚に相談できるスキルが必要です。 新規の業務ではない場合、これまでの実施された同様の業務の例を参考にしてみるとよいでしょう。 また、可能であれば、 具体的な数字を入れて指示してもらうように依頼しましょう。 困りごと2: 臨機応変な対応が苦手 仕事上では、その場その場で臨機応変な対応が求められることがありますが、「ASD」の方はそのようなことはあまり得意ではありません。 ただし、マニュアル化をしていくことにも限界がありますので、優先順位のつけ方や対応方法などを上司や同僚に確認する、というスキルがある程度必要です。 困りごと3: 音・匂い・色・肌ざわりが気になる ASD の方の中には、パソコンのキーボードをたたく音や空調の音などいわゆる生活音を非常に敏感に感じる方がいます。 生活音の他にも蛍光灯の光や化粧品のにおい、衣服の肌さわりなどに敏感でそのままでは仕事や生活が困難な方がいます。 対処方法 光の刺激に弱い場合はサングラス、音に過敏な場合はノイズキャンセリング機能付きのイヤホンなどを利用しましょう。 制服を着用しなければならない場合、肌触りが気になるようであれば制服の下にTシャツなど別の衣類を挟みましょう。 可能であれば職場に相談しながらなるべく音の刺激が少ない(窓際など)場所にデスクを置くなどの配慮してもらうようにしましょう。 困りごと4: 職場での人間関係に苦労する ASD の方は人間関係を築くことが苦手な方が多く、職種、職場によってはシビアなコミュニケーションが必要とされる場合もあり働き続けることが困難なケースが見られます。 対処方法 まずは 仕事でしっかり成果を出すことを心がけましょう。 職場は成果を求められる場所です。 しっかり働いて仕事に貢献できていれば基本OKです。 仕事ができていれば上司や同僚から信頼を得られ、普段の振る舞いが少々規格外であっても好意的に見てくれます。 また、仕事ではチームで仕事をする場合があります。 チームメンバーとして仕事をする場合は、 リーダーや先輩から聞いたことを確実に実行するというスタンスでいれば間違いありません。 また仕事に必要な内容であればリーダーや先輩から受けたアドバイスを素直に受け取り、行動を変えることにも是非チャレンジしてみてください。 困りごと5:「適当に」仕事ができない ASD の方の中には、いい意味で言うとお仕事に対して完璧主義、常に全力投球という方がいます。 一方で、手の抜き方がわからずに疲れすぎてしまう、少しのミスが許せず自分を責める、あるいはミスをした他者を責めてしまうことがあります。 また、中には物事に集中しすぎてしまう(過集中)方がおり、 一度集中のスイッチが入ると時間の経過を忘れ、気づくと今度はスイッチが切れたように疲れ切ってしまうというタイプの方がいます。 対処方法 仕事にかける目安の時間を上司と打ち合わせしておき、事前に打ち合わせた時間までに完成したものをチェックしてもらうようにしましょう。 その時点で上司のOKが出ればそのお仕事は完了、NGがある場合は、どこをどう直すかアドバイスがもらい「頑張りすぎ」を防ぐようにしましょう。 「過集中」になってしまう方は、 「休憩すること」をスケジュールに組み込んだり、アラームなどを使って休憩時間と業務時間を意識的に区切るようにしましょう。 ASD の方に向く仕事や働き方について下記ページで解説しています。 よろしければご覧ください。

次の

自閉スペクトラム症とは

自 閉 症 診断 テスト

自閉的傾向のある子どもに見られる特徴 自閉的傾向のある子どもに見られる特徴【感覚】• 自動車のチャイルドシートなど身体を締め付けられることを嫌がる• 赤ん坊のころから抱っこされたり抱きしめられることを嫌がる(大人が抱っこしようとすると、 のけぞったり、身をよじったりする)• 手をつなぐのを嫌がる• 締め付け感のある服を嫌がる• 洋服のタグが体に触れることを嫌がる• 帽子のゴムがあごに触れることを嫌がる• 靴下を履くことを嫌がる• 足裏にごみや砂等がつくことを極端に嫌がる• のりなどのベタベタするものが嫌い• すぐに手を洗いたがる• 服が少し濡れただけでも着替えをしたがる• ちょっとした傷を気にしすぎる(虫刺されやかさぶたをとても気にする)• 大きな物音がしても、聞こえていないように行動している• 他の人が気づかないような物音に気づく• けがをしていても痛がる様子がない• 少しの光でもまぶしがる• ザワザワしたところに行くと耳をふさぐ 人が多いところに行った時など• 特定の音が苦手で嫌がる ドライヤー、掃除機、トイレのジェットタオル、花火など 自閉的傾向のある子どもに見られる特徴【言葉】• ひとり言(テレビCMのフレーズ、アニメ主人公のセリフ、両親の口ぐせなど)が多い• 「何を食べたいの?」と言えば「何を食べたいの?」と答える• 子ども自身は言葉を話しているが、話が一方的で会話が成立しない (相手の話を聞いて話すのではなく、自分が話したいことを話す)• 言葉を文字通りにとらえる(嫌味や比喩、たとえ話が伝わらない)• 抑揚の無い話し方をする• 年齢に合わない大人びた言い回しをする(こんな言葉をよく知っているねと感心するような感じ)• いろいろなことについて、へ理屈を言うことが多い• 状況に合わない発言をする• 相手の気持ちを考えない発言をする(「おばちゃん、太ってるね」などと見たままの発言をする)• 呼びかけても、振り返らない• 何度も「これでいいの?」と確認をしてくる• 言葉を話せても、「て・に・を・は」を使っていなかったり、使い方が間違っている 自閉的傾向のある子どもに見られる特徴【生活】• 偏食が強い 白いご飯しか食べない、初めて見るものは全く食べようとしない、特定のメーカーの食品しか食べない• 保育所や幼稚園で いつも決まったトイレで用をたす• 3歳を過ぎても、オムツのなかにうんちやおしっこが出ていても気にしない• 自分のうち以外のトイレに行くことを嫌がる• おしっこはトイレでできるが、うんちはオムツのなかにしかしない• 水遊びをやめられない 水道や洗濯機、トイレの水などをずっと眺めていたり触ったりする• 昼寝をしない/夜眠らない(乳児期を過ぎても睡眠のリズムが定まらない• 寝ついてもちょっとした刺激ですぐに目覚める• 毎日同じ手順や道順にしないと怒る(同じ道を通って保育所、幼稚園に行く、身支度の順番が決まっている)• 予定が変わると泣き叫ぶ いつも見ている番組が放映されなくなった時など• 自分で決めた順番通りにすすまないと泣いて怒る• 自分で決めた置き場所、やり方にこだわり、他の人がそれに従わないと激しく怒る• 幼稚園や保育所の先生や友だちの顔を覚えられない(例:2年間同じクラスで過ごしている子どもの名前がわからない)• 1つだけ指示をされれば行動に移せるが、同時に2つ、3つの指示をされると、途中で何をすればよかったのかがわからなくなる 自閉的傾向のある子どもに見られる特徴【運動・動作】• 小走りをする時に、足のかかとが地面に着かず、つま先立ちになる• その場でくるくると回る• 意味もなくぴょんぴょんと飛び跳ねる• 目を細めてキラキラしたものをみる• 顔の前で手をひらひらさせる• 姿勢よく座ることが苦手で机やいすの背もたれにもたれかかる• 「気をつけ」の姿勢をとらせても、すぐに体がぐにゃぐにゃする• 走り方がぎこちない(両手を前に突き出して走る、など)• 縄跳びや跳び箱、マット運動が苦手である• ごろごろと床に寝転ぶ• 2つ以上の動作を同時にできない(手と足を同時に動かす、右手と左手で違う動きをする、など)• エスカレータに乗るのが苦手• 動いている物をとることが苦手(飛んできたボールをキャッチする、など)• 踊りの振り付けをまねすることが苦手• コップを使うときに手をうまく返せず、飲み物がこぼれる• 棚の上、タンスの上などの高いところに登りたがる• 穴が空いているところに物をつめたがる(コンセントに定規を入れる、鉛筆削りに指をいれようとする、など)• ロッカーや机の下など狭いところに入りたがる(入ると落ち着く)• 幼稚園や保育所で 先生の指示からワンテンポ遅れて行動する 自閉的傾向のある子どもに見られる特徴【コミュニケーション】• バイバイをするときに、手のひらを自分に向ける• 他の人の手を取って、自分の欲しいものを取ろうとする(クレーンのように他の人の手を使う)• ほしい物があっても、指差しをして要求しない• 興味を持った物を指差しで伝えない(「あれを見て」と大人に指をさして伝えない)• 表情があまり変わらず、楽しいときでも楽しそうな顔にならない• 大人が笑いかけても笑顔で返さない• 相手が嫌がっていても、べったりとくっついて離れない• 知らない人に無防備に近づいていく• 状況に応じた声の大きさがわからない(電車のなかなど、小さい声で話さなくてはならないところで大きな声を出す、など)• 親や先生が怒っているのに、怒っていることが全く伝わらない 表情を察することができない 自閉的傾向のある子どもに見られる特徴【遊び】• (3歳を過ぎても)周りの子どもに全く関心がなく、一人遊びばかりしている• 一人で遊んでいるところに他の人が入ってくることを激しく嫌がる• 自分の世界に入って遊ぶ(自分の世界のなかで話を作って一人で遊んでいる)• 関心のあることについては強い興味を示すが、関心のないことは話を聞こうともしない 自分の好きな虫のことについては非常に詳しいが、関心のないお遊戯には見向きもしない• 勝ち負けにこだわり、負けると激しく怒る• ひどく嫌なことがあると自分の頭を壁や床に何度もぶつける• おもちゃや物(ブロックやスリッパなど)を並べて遊ぶ(本来のその物の使い方をしていない)• おもちゃを横から眺めて遊ぶ• 周りの人に見られると恥ずかしいと思うような行為(性器いじり、自分の唾で遊ぶ、好きな人や物をなめるなど)を、人前で平気でする• こだわりが強い(いつも同じおもちゃを持っている、いつも同じ洋服を着たがるなど、いつも同じ友だちと遊ぶなど)• とても嫌な経験をした場所には入ることも近寄ることもできなくなる• カレンダーをめくることを好む• 数字やマーク、国旗などに早い時期から興味をもつ• 決められた物を作ったり、見本があるものを描いたりすることはできても、自由に絵を描いたり、ブロックで組み立てたりすることが苦手である• 絵本のストーリーに興味を持たない(絵本を見ていても、ストーリーとは関係のない挿絵、仕掛け絵本の仕掛け部分を楽しんでいる、など) 自閉的傾向のある子どもに見られる特徴【受診】• 泣き叫んでしまい、口を開けたり、喉の奥を見せたりできない• 耳鼻咽喉科で鼻や耳の吸引の音を怖がる• 診察で医師や看護師から尋ねられても全く異なる内容を 自分の言いたいこと をしゃべる• 眼科や耳鼻咽喉科での診察で使うライトを嫌がる• 口のなかの診察、特に歯科での診察ができない• 行ったことがない病院や診療所に行くと、いつもより興奮して落ち着きがなくなる• 暴れてしまい、点滴をすることができない• 注射の際に、周囲の大人が耳をふさぎたくなるくらい大声で泣き、激しく暴れる• 待合室で、長時間待つことができない• 一度、嫌な体験をすると、診察室に入ることができない。 診療所の入り口に近づくこともできない• 自閉的傾向のある子どもについての関連記事•

次の

自閉症スペクトラム障害

自 閉 症 診断 テスト

DSM-5ではこの広汎性発達障害(PDD)という概念の使用をやめて、 『自閉症スペクトラム(ASD:Autism Spectrum Disorder)』という自閉性の連続体(スペクトラム)を仮定した診断名が用いられる事となった。 00) レット障害(299. 80)……女児のみに発症する脳機能の成熟障害で、少なくとも6ヶ月の正常な発達が見られた後に、重症の精神発達の後退および運動能力の低下が起こる。 そして、他者への無関心や常同行動=手を洗うような絞るような動作の繰り返しなどの自閉症的な症状を発現するようになる。 ) 小児期崩壊性障害(299. 10)……2歳頃まで正常な心身の発達があり、『言語機能・コミュニケーション(対人行動)・運動機能・排泄機能』などを身に付けていくが、ある時期を境にして突然『知的機能・社会機能・運動機能・言語機能』が退行していく。 そして、他者への無関心や常同行動(こだわり行動)などの自閉症的な症状を発現するようになる。 アスペルガー障害(299. 80) 特定不能の広汎性発達障害,非定型自閉症(299. 80, PDDNOS) 国際疾病分類のICD-10における発達障害の分類と診断コードは、以下のようになっている。 ICDにおける発達障害と診断コード 広汎性発達障害(F84) 小児自閉症(F84. 0) 非定型自閉症(F84. 1) 他の小児崩壊性障害(F84. 3) 精神遅滞および常同運動に関連した運動性障害(F84. 4) アスペルガー障害(F84. 5) 他の広汎性発達障害(F84. 8) 特定不能な広汎性発達障害(F84. DSM-5における発達障害と診断コード 自閉症スペクトラム(ASD:Autism Spectrum Disorder,299. 00) 社会的コミュニケーション障害(SCD:Social Communication Disorder,315. 39)……特定不能な広汎性発達障害(PDDNOS)に該当するようなもので、特に社会性の欠如や他者とのコミュニケーション・意思疎通に目立った困難を抱えている状態。 楽天AD これまで広汎性発達障害に含まれていた各種の発達障害を包括するDSM-5の『自閉症スペクトラム』の診断基準は、以下のようになっている。 DSM-5における自閉症スペクトラム(ASD:Autism Spectrum Disorder)の診断基準 以下のA,B,C,Dを満たしていること。 A:社会的コミュニケーションおよび相互関係における持続的障害(以下の3点で示される) 1.社会的・情緒的な相互関係の障害。 2.他者との交流に用いられる非言語的コミュニケーション(ノンバーバル・コミュニケーション)の障害。 3.年齢相応の対人関係性の発達や維持の障害。 B:限定された反復する様式の行動、興味、活動(以下の2点以上の特徴で示される) 1.常同的で反復的な運動動作や物体の使用、あるいは話し方。 2.同一性へのこだわり、日常動作への融通の効かない執着、言語・非言語上の儀式的な行動パターン。 3.集中度・焦点づけが異常に強くて限定的であり、固定された興味がある。 4.感覚入力に対する敏感性あるいは鈍感性、あるいは感覚に関する環境に対する普通以上の関心。 C:症状は発達早期の段階で必ず出現するが、後になって明らかになるものもある。 D:症状は社会や職業その他の重要な機能に重大な障害を引き起こしている。 ウィングの3つ組(三徴候) 1.社会性の障害(対人関係の適応の障害) 2.コミュニケーションの障害(言語機能・語用論の障害) 3.想像力の障害とこだわり行動・常同行動(興味関心が著しく限定されて同じような無意味な動作を反復する) DSM-5を用いて自閉症スペクトラムを評価して診断する時には、伝統的な『ウイングの3つ組(三徴候)』ではなくて、以下の2つの行動領域の異常の有無や重症度によって評価される方向へと変わった。 幼児期以降に自閉症スペクトラムの問題点や障害の存在に気づかれるケースもあるということが明記されており、DSM-5では自閉症を『幼児期に特有の発達障害』ではなく『どの年齢でも発症すること(発見されること)のある発達障害』として定義し直している。 1.社会的コミュニケーションおよび相互的関係性における持続的障害。 2.興味関心の限定および反復的なこだわり行動・常同行動 知覚異常……知覚過敏性あるいは知覚鈍感性 DSM-5ではアスペルガー障害をはじめとして『拡大し過ぎた広汎性発達障害のカテゴリー』を狭める目的で、『自閉症スペクトラム(ASD)』という自閉症的な特徴・症状の連続体の概念が採用されたのだという。 特定不能の広汎性発達障害(PDDNOS)の中で、こだわり行動(常同行動)や興味関心の限局(想像力の障害)が目立たない症例については、自閉症スペクトラムとは分けて 『社会的コミュニケーション障害(SCD:Social Communication Disorder)』として診断するようになっている。 楽天AD 広汎性発達障害という概念では、『発達障害の人』と『発達障害ではない人』との特徴・言動・問題行動の有無の境界線が比較的明確なものになっている。 自閉症スペクトラムという概念では『発達障害の人』と『発達障害ではない人』との間に明確な境界線を引かずに、健常者・軽症の自閉症者から重症の自閉症者まで連続的につながっていて、『症状の現れ方(特徴的な言動や態度の目立ちやすさ=症状・問題行動の重症度)』が違うだけなのだという前提を置いている。 健常者と自閉症者の中間的な領域にいる人たちは、かねてから 『自閉症発現型(BAP:Broad Autism Phenotype)』と呼ばれたりしてきたが、極めて軽い自閉症的な言動・態度を見せる自閉症発現型(BAP)の人がもう少し健常者の側に近づけば、『癖のある人・変わり者・話下手な人・自己中心的な人・自分の中に籠りやすい人』といった印象になってくるだろう。 自閉症スペクトラムという連続体の概念は、このように健常者と自閉症の軽症の人が連続的な直線上に並んでいるという概念であり、軽症の人の自閉症的な言動・態度がより顕著になって問題行動が増えてくれば、『重症の自閉症者』へと近づくことになる。 自閉症スペクトラムでは正常(健康)と異常(病気・障害)の境界線が曖昧であると同時に、隣の状態(より軽症・より重症)と連続的につながりあっている。 そのスペクトラム(連続体)の考え方を敷衍すれば、健常者でも多かれ少なかれ、わずかであっても『自閉症的な性格特性・言動や態度の特徴』を持っているということになるのである。 DSM-5では自閉症者をどのように支援すべきかの目安を得るために、 『社会的なコミュニケーション』と 『興味の限定・反復的な常同行動』の分野で 『自閉症スペクトラムの重症度の区分』を設定している。 その重症度の区分は 『レベル1(一定の支援が必要)・レベル2(多くの支援が必要)・レベル3(極めて強力な支援が必要)』の3段階に分けられている。

次の