ブラック マンデー。 ブラックマンデー(1987年) 日経平均株価はどう暴落したか?その後どうなったか?

ブラックマンデーとは|金融経済用語集

ブラック マンデー

ブラックマンデーが起きた原因は? 1987年10月19日は、長い株式市場の歴史でも、最も衝撃的な1日となりました。 後に ブラックマンデーと呼ばれるこの日、ダウ平均株価が前日比で508ドル安、マイナス22. 6%という史上最大の暴落を記録しました。 しかし、このブラックマンデーが起きた事ついて、明確な原因は分かっていません。 一般的には 1. 米国の双子の赤字が拡大して景気が低迷していた 2. 直前に米国の反対を押し切りドイツが利上げした(世界協調が崩れた) 3. コンピュータの自動売買プログラムが暴落に拍車を掛けた という3つが挙げられることが多いです。 しかし・・・皆さん、この理由に納得行くでしょうか?検索エンジンからこのページへ来られた人は、ブラックマンデーの原因について調べている人だと思いますが、おそらく(多くの文献で語られている)上記の理由に納得が行かないから、ネットで調べているのではないでしょうか? 確かに当時の米国は、85年のプラザ合意(米ドルの切り下げ)からも分かるように、景気は不透明でした。 先進国が協調して景気対策を行いたいのに、ドイツが自国の情勢を優先して利上げしたことも、市場心理を悪化させたことでしょう。 しかし、米国の双子の赤字は以後もずっと続いており、87年当時だけ特に酷かったという訳ではありません。 それに米国の赤字は、ある日突然起きた事ではありませんから、10月19日の大暴落にピンポイントで影響したとは考えられません。 また、世界が為替で協調体制を築いている期間より、そうでない期間の方がはるかに長いです。 よって、巷で語られているこれら二つは、ブラックマンデーの直接的原因とは言えません。 自動売買プログラムが原因なら、近年の方が暴落率が高いはず では、当時流行り出した自動売買プログラムについてはどうでしょうか?確かに、一定ラインの下落を超えたら自動で損切りするようなプログラムが増えたことは、相場が一定方向へ傾きすぎる原因になるでしょう。 しかし、 ブラックマンデーのマイナス22%という暴落率は歴代でもダントツであり、自動プログラムが原因なら、他にも大暴落した日が多くあってもしかるべきでは? 例えば、NYダウ平均株価が最大の「下げ額」を記録したのは、2008年9月29日です(777ドル安、マイナス6. 98%)。 同月中旬にリーマンブラザーズ破綻やAIG国有化などの金融不安が発生しており、それがこの日にピークに達したのです。 NYダウ歴代暴落率トップ5 日付 暴落率 1987年10月19日 -22. 6% 1929年10月28日 -12. 8% 1928年10月29日 -11. 7% 1929年11月6日 -9. 9% 1899年12月18日 -8. 7% トップ10以下 2001年9月17日 -7. 1% 2008年9月29日 -6. 9% また21世紀以降で、上記「米下院ショック」よりも下げ幅が大きかったのは、2001年9月17日です。 この日は、あの9月11日の米同時多発テロにより休場していた株式市場が、4営業日ぶりに再開された日です。 当時のアメリカ社会の混乱は、皆さんもご記憶でしょう。 この日、多くの市場参加者が株を投げ売りに走ったのは、心理的に十分納得いくことです。 前者は「100年に一度の金融危機」、後者は「人類史上最悪のテロ」と呼ばれる大事件です。 にも関わらず、これらの下げ幅は(暴落の理由が明らかでないはずの)ブラックマンデーの3分の1ほどしかありません。 以上の検証から、 ブラックマンデーには明確な原因は見当たらず、たまたま大暴落しただけだと結論付けられます。 「そんな無責任な・・・」と思われるかもしれませんが、マーケットの原理原則からすれば、当然のことなのです。 明確な理由があろうが無かろうが、多くの投資家が投げ売りを始めれば、暴落は起きるのです。 逆に言うと、どんなに経済不安や地政学リスクが高まっていても、多くの投資家が株を保有したままでいれば、暴落など起きないのです。 日本国債だって「理由も無く」暴落するリスクは拭いきれない このことは、現在の日本の投資家には、極めて重い教訓となるはずです。 現在、日本は対GDP比で世界最悪の政府債務であるにも関わらず、長期金利は世界最低〜つまり買い手過多の状態です。 このことを盾に、多くの経済学者が「日本の国債は世界で最も信任されている」とうたい、国債暴落説を完全否定しています。 しかし、彼ら国債安全信者の言い分が、完全に嘘っぱちであることは、ブラックマンデーの教訓から明らかです。 明確な理由が無くとも、売りたい人が一定数増えてくれば、自動売却プログラムを誘発し始め、やがては根拠無き大暴落へと繋がるのです。 国債は株式と同様、市場で自由に売買されるのですから、全く同じ事が起きるリスクがあるのです。 国債の暴落は、安全性が高かろうが低かろうが、原理的には起こりえるのです。 そして、政府の債務残高が増えていけばいくほど、投資家の不安心理は高まり、暴落リスクも高まっていくのです。 しかしアメリカの下院で法案は否決され、市場はパニックに陥った。 若しくは、自らが国債を大量保有しており、暴落されると困るが故にポジショントークしているだけ。 Copyright c 2013. All Rights Reserved.

次の

【ブラックマンデーとは?】ウォール街大暴落を上回る株価下落幅を記録した事象をわかりやすく解説。

ブラック マンデー

リーマンショック時の日足チャート 上記は2008年9月15日のリーマンショック時のチャートです。 当時、波平は大学生投資家として株式市場に参加していましたが初めて経験する大暴落でどうすれば良いのか良くわからず、含み損を抱えたまま、新規ポジションへの投資をすることができませんでした。 なお、この時の調整は長引き、最終的な大底は2009年3月となっています。 十分な日柄調整を行なった後、長期的なブル相場に入ります。 ブラックマンデー時の日足チャート 上記はブラックマンデー時の日足チャートです。 過去最大の下げ幅を記録した陰線での日足は凄まじいものがありますが、リーマンショックと異なり調整は長引きませんでした。 週足で少し長期のチャートを見てみると10月下旬に1番底、12月上旬に1番底よりも浅い2番底、その後、長期ブル相場に入り、最高値を更新しています。 新型コロナショックの日足チャート こちらは新型コロナショックの日足チャートです。 暴落の角度はリーマンショックよりも急でブラックマンデーに近い暴落の角度となっています。 通常、弱気相場では「下落率」と「日柄」によって調整を行います。 一方、日柄調整はもっとも短いパターンのブラックマンデーでも2ヶ月程度かかっているので一度、戻った後、4月か5月にもう一度、底値がある展開を予想しています 現時点では2番底の方が浅いと考えています。 この時は年末にかけて大きく下落した後、V字回復し、2番底をつけずに上昇していきました。 このように全ての下落局面で2番底を付ける訳ではありません。 株価暴落での投資戦略 いかがだったでしょうか?過去の大暴落局面と比較分析をする限りではまだ、日柄調整は十分と言えません。 V字回復もあり得ますが、通常、これほどの暴落局面では2番底を付けることが多くなっています。 今回どのような動きになるかは未来のことなのでわかりませんが「下落率」の調整については十分なので、少しずつ買っていくには良い局面と言えそうです。 今回の記事が株式投資の参考になりましたら幸いです。

次の

2019年はブラックフライデー、サイバーマンデーともに オンライン売上過去最高を記録!売れたのは何?

ブラック マンデー

ブラックサーズデー 英語名: Black Thursday 分類: 株価暴落 ブラックサーズデー(暗黒の木曜日)は、「」とも呼ばれ、1929年10月24日(木)から約1カ月間、の(ニューヨーク株式市場)で起きた、20世紀前半の歴史上で壊滅的な打撃を与えることになった「一連の株価の大暴落」のことをいいます。 これは、1929年10月24日(木)に最初の暴落が起こり、10月28日(月)と10月29日(火)に壊滅的な大暴落が起こり、その後、は約1カ月間続いて、米国だけでなく世界の株式市場まで大きく揺るがすことになりました。 1929年当時、米国経済は好調で、熱狂的な投機ブームもあり、過去6年間では上がり続けて当初の約5倍になり、1929年9月3日に最高値381. 17を付けました。 株式市場がバブルで踊る一方で、不動産価格が低落時期に来ており、また1929年夏以降には工業指標が下向き始め、一部で株高を危ぶむ声もありました。 そういった状況の中で、一連の大暴落が発生し、1929年11月13日には198. 60のを付けることになりました。 この大暴落後、相場は思いのほか急速に回復し、1930年4月17日には294. 07という史上2番目のを付けました。 しかしながら、それも束の間で、相場は再び下げ始め、1932年7月8日に41. 22を付けるまで下げ止まらず、最高値と比べて89%の下落となりました。 その後、NYダウは、1954年11月23日まで、1929年に達した水準まで長い間戻ることはありませでした。 これまで、ブラックサーズデーとの関係については、学術的に多くの議論や研究がなされてきましたが、株価の大暴落が世界恐慌を引き起こしたのかは未だに明確になっていません。 ただし、一つだけ事実なのは、ブラックサーズデーと世界恐慌が「20世紀の最大の経済危機」であったのは間違いありません。

次の