東京 電気 おすすめ。 東京電力より安い電気料金は?

電気のプロによる電力自由化むけ電気料金プラン徹底比較!東京で一番安いプランは……

東京 電気 おすすめ

世帯人数別におすすめの電力会社を紹介します。 一人暮らし世帯には 条件 おすすめの電力会社 東京ガスのガスを契約中 ずっとも電気1 東京ガスの契約無し 2・3人世帯で、かつ東京ガスのガスを契約している場合は、の「ずっとも電気1」というプランがおすすめです。 月275円のセット割引があるので、トップクラスの低料金となります。 関連記事• 東京ガスのガスを使っていない場合は、がおすすめです。 電気料金だけでトップクラスの安さを実現しています。 関連記事• 4人以上の世帯には 電気を多く使う4人以上の世帯では、が安いです。 新電力大手のF-Power社が提供しています。 注意点としては1年以内に解約すると2千円の違約金が発生します。 違約金が発生するプランを避けたい場合にはがおすすめです。 入会特典としてキャッシュバックがあるので、ピタでんよりもお得に使える場合もあります。 関連記事• オール電化住宅には オール電化プランを契約している場合は、上で紹介した新電力のプランに切り替えることで、かえって料金が高くなってしまいます。 必ずオール電化用プランに切り替えてください。 関連記事• ガスの自由化も 2017年4月からは、ガス会社も選べるようになりました。 元々の料金が安いため乗り換えのメリットは電気よりも小さいですが、年間数千円以上の節約になります。 内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額 東京ガスのガスと 東京電力の電気 5007円 9306円 14313円 - 電気・ガスともに東電 4857円 9156円 14013円 -300円 電気・ガスともに東ガス 5007円 8573円 13580円 -733円 のガスと 4797円 8620円 13417円 -896円.

次の

【2020年版】一人暮らし世帯でお得な電力会社は?電力自由化でお得な料金なのはココ

東京 電気 おすすめ

目次:• 東京(関東エリア)で選べる電気料金プラン まずは、以外で東京(関東エリア)で選べる一般家庭、小規模の店舗・事業所向けの電気を販売をしている電力会社()を紹介します。 この中から、今の契約内容と同じ、もしくは引越しなどでこれから東京(および関東エリア)で利用したい、 自分にあった「1番安い」電気料金プランを見つけましょう。 東京電力と新電力の「電気」って何が違うの? 事実、より安くなる。 に切り替えると電気の質が下がったり、停電になり易くなるの?と気になる方もいるでしょう。 が東京(関東エリア)で販売している電気は、も利用しているような発電所で発電された電気を販売してます。 また、送電・配電も東京電力パワーグリッドの設備を利用しています。 なので に切り替えても、電気の質が下がることも、停電が頻繁に起きるということもありません。 マークの説明 マーク 説明 基本料金ゼロ円 基本料金がゼロ円の料金プランがある。 が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。 定額 月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある。 定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。 従量電灯 の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プラン(もしくはスタンダードプラン)に相当するプランがある。 ほぼ全てのにこのプランがあります。 オール電化 オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある。 対応しているはあまり多くありません。 都市ガス エリアで都市ガスの販売も行なっている。 多くの会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。 LPガス 関東エリアでの販売も行なっている。 動力 マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある。 東京(関東エリア)で選べる新電力一覧 電力会社 特徴 Looopでんき• 基本料金がゼロ円。 電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単に確認できる。 北海道から沖縄まで全国で利用できる。 (一部離島を除く) 基本料金ゼロ円 従量電灯 都市ガス 動力 CDエナジーダイレクト• 基本料金・従量料金が安くなる。 定額プランや、Amazonプライムがつくプランがある。 オール電化向けのプランや、都市ガスとのセットも可能。 定額 従量電灯 オール電化 都市ガス 動力 ENEOSでんき• 120kWh以上の従量料金が安くなる。 ENEOSカードの利用者向けの特典がある。 従量電灯 都市ガス 動力 東京ガス• 基本料金と従量料金が安くなる。 都市ガスとセットにすると毎月270円割引。 電気のみの利用も可能。 今の申し込むと3000円分のポイントプレゼント【2020年7月20日まで】 従量電灯 都市ガス 動力 あしたでんき• 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。 従量料金も一段階でシンプルなプラン。 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。 基本料金がかかるが、従量料金が大手電力会社よりかなりお得。 今の申し込むと5000円分のAmazonギフト券プレゼント【2020年9月30日まで】 基本料金ゼロ円 従量電灯 エルピオでんき• 定額プランが充実している。 エルピオのを利用している場合は毎月100円割引。 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。 オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。 電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。 従量電灯 オール電化 シン・エナジー• 基本プランなら基本料金が約10%安くなる、従量料金も最大9. 4%安い• 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。 今申し込むとEJOIKAセレクトギフトカード3000円分プレゼント【2020年9月30日まで】 従量電灯 オール電化 動力 ミツウロコでんき・ガス• 大手電力会社に比べて120kWh以上の電力量料金が安くなる。 東北・関東・中部・関西エリアではオール電化向けの夜間料金が安くなるプランがある。 東京ガスエリアでは都市ガスを販売。 電気とセットで毎月200円割引になる。 従量電灯 オール電化 都市ガス 小田急でんき• 東京電力に比べて電力量料金が安くなる。 小田急ポイントが貯まる。 従量電灯 自然電力のでんき• 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。 従量電灯 ピタでん• 大家族など、毎月500kWh以上使う家庭なら500kWhまでが定額になる「使いたい放題プラン」がおすすめ• 基本料金ゼロ円・従量料金1段階の「使った分だけ」プランもある。 基本料金ゼロ円 定額 従量電灯 東急でんき• 基本料金と従量料金が安くなる。 の各種ガス料金プランにも対応している。 従量電灯 都市ガス 動力 ソフトバンクでんき• ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引• 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。 今申し込むと初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】 基本料金ゼロ円 従量電灯 エネワンでんき• 基本料金・従量料金が安くなる。 を販売している。 今申し込むと基本料金が6ヶ月間半額【2020年7月31日まで】 従量電灯 LPガス 動力 J:COM電力• 従量電灯・オール電化に相当するプランがあり、従量料金が安くなる。 J:COMはテレビ・インターネット・モバイル回線などと一緒に利用するとお得になる。 従量電灯 オール電化 都市ガス 親指でんき• 基本料金がゼロ円。 電力量料金も一段階でシンプルなプラン。 ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。 基本料金ゼロ円 従量電灯 オール電化 動力 ニチガスでんき• 200kWhまで電力量料金が固定なので、毎月200kWh以上利用するとお得。 都市ガス・を販売している。 定額 従量電灯 都市ガス LPガス 動力 HTBエナジー• 30A・40Aなら基本料金と従量料金が5%〜8%程度安くなります。 50A・60Aなら基本料金が半額、電力量料金が1段階でさらにお得。 従量電灯 都市ガス リミックスでんき• 基本料金・電力量料金が大手電力会社より5%安くなる。 使用量が少なくても切り替えるだけで確実に安くなるのが特徴。 従量電灯 動力 ジニーエナジー• 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額• 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。 従量電灯 動力 Japan電力• 基本料金がゼロ円。 使用量が多いと1kWhあたりの料金が安くなる。 基本料金ゼロ円 従量電灯 動力 どうぶつでんき• ファミリープランなら、大手電力会社より基本料金が安くなる。 生活安心プランなら、従量料金が1段階で120kWh以上の料金が安くなる。 動物愛護団体に収益の一部が寄付される。 従量電灯 ハルエネでんき• 基本料金もしくは従量料金が安くなる。 法人限定(店舗・事業所など)の特典がある。 従量電灯 動力 次に今の電気契約内容、もしくはこれから利用する電気契約内容と比べてどの電力会社の料金プランが安くなるか調べます。 ですが安さを比較するには、電気料金の基本的な仕組みについて少し理解する必要があります。 電気料金の内訳 - 基本料金と電力量料金(関東エリア) 最も一般的な従量電灯プランだけではなく、関東エリアの 電気料金プランは主に「基本料金」と「電力量料金」の2つで構成されています。 この金額の違いが、最終的な電気料金の合計の違いになります。 (なお、この他にも全ての電力会社共通で燃料費調整額と再生可能エネルギー賦課金がかかります。 ) 「基本料金」は毎月固定で発生します。 契約時に電力会社と決めた、によって毎月の「基本料金」が決まります。 一般的にが多ければ多いほど、毎月の「基本料金」は高くなります。 が多いということは、一度に利用できる電化製品が多くなります。 逆に1人暮らしなど、一度に利用する電化製品が少なければ、は少なくて済みます。 一般家庭向けのプランのの従量電灯BもしくはスタンダードSの場合、10Aから60Aまで7段階にが分かれています。 店舗や事業所など、より多くの電気を利用する場合は、従量電灯CもしくはスタンダードLのように(1kVA)あたりいくらという形で基本料金が定められています。 なので100kWh使った月と、200kWh使った月では電力量料金の合計が異なります。 電力量料金の金額は「1kWhあたりの料金単価」で表示されています。 なので毎月の電力量料金の合計は「トータルの電気消費量(kWh)」x「1kWhあたりの料金単価」で計算されます。 例えば、1kWhあたりの電力量料金が20円としましょう。 そして、の従量電灯プラン、およびスタンダードプランの電力量料金は3段階になっています。 1段回目は120kWhまで、2段階目は120kWh以上300kWhまで、3段階目は300kWh以上です。 電気料金の計算方法 電気料金はこれまで紹介した「基本料金」と「電力量料金」の合計を求めることで計算できます。 (なお、この他にも全ての電力会社共通で燃料費調整額と再生可能エネルギー賦課金がかかりますが、ここでは割愛します。 ) 例えば、の従量電灯Bプランを利用している場合はどのように計算するのでしょうか?仮に、が50Aの場合は、 基本料金が毎月1430. 00円かかります。 また月の使用量が350kWhだった場合は、電力量料金は以下のように計算します。 120kWhx 19. 57円(3段階目の電力量料金)= 電力量料金の合計 この 基本料金と 電力量料金の合計を足したものが、電気料金の合計になるわけです。 ポイント• 東京で安い電気料金を見つけるならこの「基本料金」と「電力量料金」を比較する では、それぞれの電気料金プランのタイプごとに、電力会社とそのプランの比較をしてみましょう。 料金プランのタイプ 東京(関東エリア)で一番安い従量電灯タイプの電気料金プランは? 従量電灯プランは、で最も一般的な電気料金プランです。 昔からを利用していて、特に契約内容を変更していなければ、この「従量電灯」プランになります。 このプランは電力自由化以前からもあり、規制料金プランとも言われます。 では電力自由化以降に自由料金プランの発売も始めました。 「従量電灯」プランの自由料金プランは「スタンダード」プランです。 の「従量電灯」と「スタンダード」プランは全く同じ料金体系・金額です。 なのでここでは「従量電灯=スタンダード」プランと考えて問題ありません。 また、この従量電灯プランの特徴としてはオール電化向けのプランと違って、季節や曜日・時間帯によって、電力量料金が変化することはありません。 逆にいうと、夜はよく使うが昼間は全く利用しない家庭などでは、オール電化や夜間が安くなるプランの利用を検討しましょう。 そして、多くの会社がこの従量電灯プラン(スタンダードプラン)に相当する電気料金プランを発売しています。 ここでは、基本料金がゼロ円で電力量料金が1段階の、30A以上ならより5%確実に安くなる、基本料金が10%安くなり、電力量料金も最大9%安くなる、50A・60Aなら電力量料金がお得なを比較してみます。 従量電灯プランの比較(右にスライド) 基本料金 アンペア数 10A 286. 00円 0円 提供なし 提供なし 提供なし 提供なし 15A 429. 00円 20A 572. 00円 30A 858. 00円 815. 10円 768. 34円 858. 00円 40A 1144. 00円 1086. 80円 1024. 45円 1144. 00円 50A 1430. 00円 1358. 50円 1280. 56円 715. 00円 1430. 00円 60A 1716. 00円 1630. 20円 1536. 68円 858. 00円 1716. 00円 電力量料金 電力使用量 東京電力 従量電灯B Looopでんき おうちプラン リミックスでんき 従量電灯B シン・エナジー きほんプラン HTBエナジー プライムプラン 東京ガス ずっとも電気1 〜120kWh 19. 88円 26. 40円 18. 88円 19. 67円 23. 54円 23. 67円 (140kWhまで) 120kWh 〜 300kWh 26. 48円 25. 15円 24. 78円 23. 88円 (140kWh超えて350kWhまで) 300kWh〜 30. 57円 29. 04円 27. 71円 26. 41円 (350kWh超える) 比較したの特徴をより詳しく見てみましょう。 基本料金がゼロ円・従量料金が1段階のLooopでんき に応じた基本料金が0円・従量料金が1段階のこのシンプルで特徴的なプランは、 が電力自由化当初から業界でもいち早く取り入れてきました。 の従量電灯B(スタンダードS)プランと比較すると、60A契約の場合、月々1716. 00円の固定費が0円になります。 年間だと約円お得になる計算です。 電力量料金(従量料金)もが3段階なのに対して、1段階なので使った電気使用量1kWh(キロワットアワー)に対して一律26. 40円とスッキリシンプルです。 アンペア数が高く、月の使用量が300kWh程度かそれ以上なら、よりかなりお得になります。 今の契約と比べてどれくらい安くなるかは、公式サイトでシミュレートできます。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 二つ目の特徴としては、電力量料金(従量料金)が使用量が多いほど東京電力に比べて安くなることです。 120kWhまではわずかにしか安くなりませんが、300kWh以上だと東京電力に比べて9. 4%も安くなります。 この「きほんプラン」は電気をあまり使わない家庭でも、しっかりと安くなることが特徴です。 より多くの電気を使用したり、オール電化住宅など夜中の電気使用量が多い家庭向けには「生活フィットプラン」があります。 また、都市ガス大手のもとして、電気を販売しているので、 どちらもにすると毎月270円割引になります。 ただし、のガス料金プランはよりも安いので、から切り替えてガス料金が毎月270円以上安くなるなら、電気とガスを販売している他の・新ガス会社を検討する必要があるでしょう。 ちなみに、東京電力もという、電気とガスのセットプランを販売しています。 こちらは よりガス料金が安くなり毎月100円割引になります。 ただし、電気代はの方が安くなるので、電気代がガス代の割引金額を上回るなら、他のを検討するのも良いでしょう。 電気とガスのセットで魅力的な会社はLooopでんきとCDエナジーダイレクトです。 の一般的なガス料金は、使用量に応じて基本料金と従量料金が6段階に分かれています。 はどれだけ使っても、基本料金と従量料金の設定金額は変わりません。 ここが他のが、と同じ料金体系なのと大きく違う点です。 さらに、セットにすることで電気代が2%割引なので、ガスよりも電気をよく使う家庭では、東京電力・のセットプランよりもお得になります。 今の契約と比べてどれくらい安くなるかは、公式サイトでシミュレートできます。 セットなら電気もガスもそれぞれ0. 5%割引:CDエナジーダイレクト は、とが共同で設立した電気とガスの販売会社です。 の従量電灯(スタンダードプラン)に相当するベーシックでんきBなら、基本料金は約6%安くなり、電力量料金も3段階目(300kWh以上)なら約13%も安くなります。 その他にも、300kWhまでの定額プランや、Amazonプライムが付いてくる料金プランなどライフスタイルに合わせた料金プランを選べるのが魅力的です。 都市ガスは、の一般料金プランだけではなく、暖らんぷらん、湯ったりエコぷらん、エネファームで発電エコぷらんに対応していて、それぞれ基本料金と従量料金が安くなります。 それだkではなく、 電気とガスをセットにするとそれぞれの料金から0. 5%づつ割引になります(ただしオール電化向けのプランは除きます)。 今の契約と比べてどれくらい安くなるかは、公式サイトでシミュレートできます。 この他にも電気と都市ガスをセットで契約できるのは、、、、、などがあります。 東京(関東エリア)で電気とLPガスとのセットプランは? もちろん、の供給エリア内でも、やそれ以外の地方都市ガス会社が供給していない地域もまだあります。 そういう場合は、オール電化住宅の場合を除いてを利用する必要がありますね。 の販売会社で、電気も販売している会社があります。 は関東地域を中心にを販売しているエルピオが販売する電気です。 関東エリアでは、の従量電灯プラン(スタンダードプラン)に相当する料金プランを販売しており、 家庭向けなら月300kWh、400kWh、500kWhまでの使用量がそれぞれ定額になるプレミアムプランが特徴です。 また、オール電化にも対応しています。 今の契約と比べてどれくらい安くなるかは、公式サイトでシミュレートできます。 もしくは ・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・ ・電話受付: 月-金 9-19h, 土日祝 10-17h 年末年始を除く 東京(関東エリア)で一番安いオール電化向けの電気料金プランは? では現在新規受付を停止しているものや、子会社のPinTに移行したものも含めると、これだけ多くのオール電化向けや、時間帯や曜日によってお得になるプランがあります。 一般的なオール電化メニューとしては、「スマートライフプランS・L(夜間午前1時から午前6時)」「夜トク8(夜間時間午後11時から午前7時)」「夜トク12(夜間時間午後9時から午前9時)」があります。 東京電力および子会社PinTのオール電化向けメニュー一覧 スマートライフプラン、スマートライフS、スマートライフL、夜トク8、夜トク12、電化上手、ナイト8、ナイト10、朝得プラン、夜得プラン、半日お得プラン、土日お得プラン 1型 、土日お得プラン 2型 、ピークシフトプラン あらゆるオール電化メニューに対応するJ:COM電力 これら全てのメニューに対応して、かつ電力量料金の一部がよりも安くなる電力会社があります。 それはです。 全ての基本料金や一部プランの夜間料金は、と同額ですが、昼間料金やピーク料金が と比べて1%〜3%安くなります。 現在で、従量電灯プラン以外のオール電化や時間帯・曜日で安くなるプランを利用していて、契約内容の条件は変えたく無いけど料金は下げたいという方には、がおすすめです。 今の契約と比べてどれくらい安くなるかは、公式サイトでシミュレートできます。 なお、これらの料金プランは、それぞれの現行プランとはお得になる夜間時間帯が異なります。 なので、どのプランが安くなるかはそれぞれのご家庭のライフスタイルに合わせて検討する必要がありますね。 結局どこが一番安いの?タイプ別にアドバイス 電気料金の計算方法から、の主な電気料金メニューとのメニューを比較してみました。 その結果、わかったことは利用者の現在の契約内容や使用状況によって1番安くなる電気料金プランは異なるということです。 が高いのか、毎月の使用量が多いのか、ガスと電気両方よく使うのか、オール電化住宅や深夜時間帯を安くしたいのか、それぞれのケースで1番安いは異なるわけです。 その中でもの従量電灯プラン(スタンダードプラン)に関して比較すると、次のことが言えるでしょう。 が高い場合は基本料金ゼロ円のプラン 基本料金が30Aから60A、もしくはそれ以上になると基本料金ゼロ円のプランがお得になります。 また月の使用量が平均以上(300kWh以上)だと、より節約の幅が広がります。 使用量が少ない場合 30A以上で使用量が平均以下(300以下)の場合でも、確実に基本料金と電力量料金が5%安くなるのはです。 30A未満でも基本料金・従量料金がそれぞれ安くなるのは、の「ベーシックでんきB」です。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 のプレミアムプランなら家庭向けなら月300kWh、400kWh、500kWhまでの電力量料金が定額のプランがあります。 また毎月700kWh以上ならの「たっぷりプラン」が魅力的です。 50A・60Aで使用量の多い月もある場合は、のプライムプランの節約率が非常に高いです。 いずれにせよ、現在の使用状況によって一番安くなる電気料金プランは異なります。 また、電気料金だけが安くなるだけじゃなくて、都市ガスや他のサービスの料金が割引になったり、よく使うポイントが貯まるというのも節約の重要な要素ですよね? 特典や割引がある電気料金プラン ソフトバンクでんき• ソフトバンクユーザーならスマホ・ケータイ・インターネット代金が毎月100円割引になる「おうち割」がある。 楽天でんき• 新規契約で2000ポイントの楽天スーパーポイントプレゼント。 さらに電気代の支払いに応じて楽天ポイントがたまる。 また、電気代が安くなるだけじゃなくて社会貢献もしたいという方にオススメの電気料金プランもあります。 動物愛護活動を支援するなら「どうぶつでんき」 毎月の電気代の売り上げから100円ずつが公益社団法人日本動物福祉協会に寄付されます。 セレクトラの電気料金比較シミュレーションなら、今のや月ごとの使用量を入れるだけで、一番お得な電気料金プランを提案できます。

次の

電気工事のおすすめ業者を料金で比較|生活110番

東京 電気 おすすめ

世帯人数別におすすめの電力会社を紹介します。 一人暮らし世帯には 条件 おすすめの電力会社 東京ガスのガスを契約中 ずっとも電気1 東京ガスの契約無し 2・3人世帯で、かつ東京ガスのガスを契約している場合は、の「ずっとも電気1」というプランがおすすめです。 月275円のセット割引があるので、トップクラスの低料金となります。 関連記事• 東京ガスのガスを使っていない場合は、がおすすめです。 電気料金だけでトップクラスの安さを実現しています。 関連記事• 4人以上の世帯には 電気を多く使う4人以上の世帯では、が安いです。 新電力大手のF-Power社が提供しています。 注意点としては1年以内に解約すると2千円の違約金が発生します。 違約金が発生するプランを避けたい場合にはがおすすめです。 入会特典としてキャッシュバックがあるので、ピタでんよりもお得に使える場合もあります。 関連記事• オール電化住宅には オール電化プランを契約している場合は、上で紹介した新電力のプランに切り替えることで、かえって料金が高くなってしまいます。 必ずオール電化用プランに切り替えてください。 関連記事• ガスの自由化も 2017年4月からは、ガス会社も選べるようになりました。 元々の料金が安いため乗り換えのメリットは電気よりも小さいですが、年間数千円以上の節約になります。 内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額 東京ガスのガスと 東京電力の電気 5007円 9306円 14313円 - 電気・ガスともに東電 4857円 9156円 14013円 -300円 電気・ガスともに東ガス 5007円 8573円 13580円 -733円 のガスと 4797円 8620円 13417円 -896円.

次の