ベネッセホームポジション。 ベネッセへの転職活動を始める前に必見!専門家によるまとめ

【公式】進研ゼミ小学講座(チャレンジ/チャレンジタッチ)

ベネッセホームポジション

タイピングソフトの選び方 一概にタイピングソフトといっても様々で、どれを使えばいいのか迷ってしまうこともあります。 まずは、どのような基準でタイピングソフトを選べばよいかを押さえておきましょう。 正しいタイピングフォームが身につくメニュー構成のもの タッチタイピングには、ホームポジションがあります。 ホームポジションとは、キーボード入力を最も効率的に行えるとされている基本的な配置のことです。 ほとんどのキーボードには、触るとホームポジションがわかるように、両手の人差し指を置く「F」と「J」のところに、突起やくぼみが設けられています。 またタイピングソフトは、必ず正しいタイピングフォームが身につくメニュー構成のものを選ぶようにしましょう。 具体的には、正誤率、問題数、打鍵数、ミス、入力時間が表示されるものがおすすめです。 キーボードにはローマ字入力とかな入力の2つのパターンがありますが、自分が普段利用する入力方法に対応しているものを選びます。 できれば、複数の入力パターンを自動で判別してくれるものを選ぶとよいでしょう。 1つの入力パターンにしか対応していないソフトだと、入力内容を反映しないこともあるので注意が必要です。 問題数が多くゲーム形式で楽しく続けられるもの タイピングの練習は単調になりがちです。 そのようなときでも飽きずに練習を続けるために、問題数やテキストの収録数が豊富なものを選びましょう。 タイピング上達のコツは、数多くの単語やテキストを入力することです。 多くのキーを入力することで、指先がキーボードの文字配列を覚えるようになります。 タイピングを楽しく続けるには、ゲーム形式のものがおすすめです。 スマホゲームやオンラインゲームに親しみのある人なら、ネット上で他のユーザーとタイピングのスピードを競う、対戦形式もよいかもしれません。 ほかにも、ストーリー性あるものや、目標時間内に文字を入力するもの、レベルアップできるものなど、自分が楽しいと感じられるものを選んでみてください。 子ども向けのタイピングソフトの選び方 小学校では、2020年度からプログラミング教育が必修化されました。 子どもがスムーズに授業に入っていけるように、いまのうちから自宅でタイピング入力の練習をさせたいと考える保護者も増えているのではないでしょうか。 子ども向けのタイピングソフトは、大人とは違った選び方が必要です。 そのポイントを解説します。 キャラクターが登場するタイピングソフト タイピングそのものに興味を感じられるようにすることが第一です。 子どもの好きなキャラクターが登場するものなら、最初のつかみはバッチリでしょう。 アニメ調のものやマンガで描かれているものもおすすめです。 単調なタイピングでも、好きなキャラクターやかわいらしいマスコットがタイピングの問題を出すことで、楽しんで練習ができます。 ゲーム要素があり夢中になれる 大人よりも集中が続かない子どもには、ゲーム要素のあるタイピングソフトが向いています。 タイピングソフトの中には、RPGの要素を持つものもあるので、ストーリーを楽しんだり、達成感を味わいながら練習できます。 問題の中に、動物や食べ物など子どもにとって身近な題材があるとよりよいでしょう。 都道府県や漢字、英単語などが登場するものであれば、タイピングを通じて他の勉強も兼ねられます。 初心者にも優しくてホームポジションが練習できる パソコンが初めての子どもには、いきなり単語からではなく、1文字ずつ練習できるものがよいでしょう。 最初からある程度の長さの単語をホームポジションで打つのは難しいものですが、1文字ずつなら苦手意識を持つことなく楽しんで続けられます。 初心者向け無料のおすすめタイピングソフト2選 タッチタイピング習得のために、タイピングを練習したい人におすすめの無料タイピングソフトを紹介します。 TypingClub タイピングクラブ 初心者向けで最も優秀なタイピングソフトと評されることもあるタイピングソフトです。 このソフトは、ブラウザを使ってプレイするタイプで、インターネットが使える環境であれば、どこでも練習できます。 このソフトの特徴は、練習スケジュールが細かいことです。 FとJだけの練習から始めるので、しっかりとホームポジションを指先に覚えさせられます。 説明が動画なので、初めての人もパッと見てポイントを理解できるでしょう。 ブラウザのソフトなので、Windows、macに関係なくプレイできるところも嬉しいポイントです。 MIKATYPE ミカタイプ 学校教育用につくられたWindows用の練習ソフトです。 このソフトはオフラインでも練習できることが特徴で、アルファベット1文字から練習できます。 ホームポジションを覚えるのに適していますが、画面がシンプルすぎるので飽きてしまう人がいるかもしれません。 中上級者向け無料のおすすめタイピングソフト3選 続いて、中上級者向けの無料タイピングソフトを3つ紹介します。 Ozawa-Ken 格闘ゲームが好きな人におすすめのタイピングソフトです。 パソコンにインストールするタイプで、Windowsとmacの両方があります。 文字を正しくタイプすることで相手に攻撃ができ、反対にミスタイプや入力遅れになると相手から攻撃を受けます。 文字だけでなく数字や記号キーの練習ができるのもポイントです。 ホームポジションを覚えるところから始めて、段階的に難易度がアップしていきます。 レベル5までマスターすれば、キーボードを見ずにほとんどの記号や数字が打てるようになっているでしょう。 寿司打 回転寿司のように、目の前にやってくる単語をタイピングするソフトです。 できるだけミスなく速くタイプできればコンボボーナスで高得点が取れるシステムになっているので、高得点を狙ううちに自然とタイピングが上達するでしょう。 ブラウザでプレイでき、Windowsとmacのどちらでも使えます。 知名度が高く、授業に使っている学校も多いようです。 スピード重視や速度必須など、チャレンジするゲームタイプを自分で選べるので自分のペースでタイピングの練習ができます。 マイタイピング 自分のレベルを診断できるタイピングソフトです。 「アナと雪の女王」の主題歌の歌詞を打っていくものや、漫画のセリフなどタイピングの問題が豊富なのが特徴です。 知っている言葉をタイピングできるので、楽しみながら練習できます。 自分で問題を作成し保存できる機能もあります。 作った問題は他の人もプレイできるので、家族や友達と共有するなど、ひと味違った楽しみ方もできます。 おすすめの有料タイピングソフト3選 基本的にタイピングの練習は無料のものでも十分ですが、タイピング以外のプラスアルファの機能や、広告が煩わしいと感じる人には有料のタイピングソフトがおすすめです。 ここでは、手の届きやすい3,000円以下のタイピングソフトを紹介します。 Keyboard Master Ver. 6 文字を瞬時に見て入力する、速読的なタイピング練習ができるタイピングソフトです。 ことわざや名言など、問題の種類も豊富なので飽きずにタイピング練習を続けられるでしょう。 練習結果を正解率や入力速度、入力所要時間などのグラフでチェックできるので、自分のタイピング力を客観的に見られます。 速読力を高めるための視点移動トレーニングもついており、タイピングしながら速読力を身につけられる仕様です。 子ども向けのおすすめタイピングソフト4選 続いて、子ども向けの無料タイピングソフトを4つ紹介します。 ベネッセタイピングゲーム 進研ゼミ 最初に紹介するのは、子どもの学習に実績のあるベネッセ・進研ゼミのタイピングソフトです。 練習したい学年とレベルを選びます。 子どもの学齢に合った言葉でタイピング練習できます。 対象年齢が3年生からですが、初級を選べば1からタイピングの練習ができるため低学年でも利用できます。 FMVキッズ めざせ!タイピングマスター ホームポジションの練習をするなら、富士通パソコンのサポートサイトの「FMVキッズ めざせ!タイピングマスター」がおすすめです。 入力文字数、ミスタイプ数、苦手キーなど、前回の結果と比較しながら上達具合を確認できます。 左右の指1本ずつ動かし方を徹底的に練習できるのは、パソコンの富士通ならではのタイピングソフトといえます。 ココアの桃太郎タイピング 「ぽけでび」というサイトのキャラクター「ココア」が、桃太郎になって冒険するタイピングソフトです。 敵とバトルしながら物語を進めていきます。 制限時間内に速く正確にタイピングすると、敵を倒せます。 経験値を貯めてレベルアップしたり、お金を貯めてアイテムを買ったり、新しいステージが増えたりするのでゲーム好きな子どもは夢中になること間違いなしのソフトです。 バズ・ライトイヤー タイピングレンジャー ディズニーアニメ「トイ・ストーリー」のキャラクター、バス・ライトイヤーが登場するタイピングソフトです。 ディズニーキッズのゲームコンテンツには、1つだけタイピングゲームがあります。 タイピングしながら、バズの宿敵を倒すというストーリーです。 短い単語が表示されるので、初心者でも楽しく取り組めます。 タイピング上達のコツ 最後にタイピング上達のコツを紹介します。 タッチタイピングに必要なのは、スピードではありません。 決められたキーを、決められた指で打つことです。 ホームポジションを押さえないまま、スピードばかりを求めると、めちゃくちゃな指で打つことを覚えてしまいます。 後になってから自己流のタイピングを矯正するのは大変なので、ホームポジションを習得するまで地道にコツコツと練習を重ねましょう。 ディスプレイは視線の高さよりも低く設置する• ディスプレイと目は40cm以上離す• 肘の角度は90度以上になるように椅子の高さを調節する• 背中は椅子の背もたれにつけない 机と椅子は、身体に合ったものにするか、身体に合わせて調節できるものを選んでください。 正しい姿勢でタイピングすれば、タイピングの上達だけでなく疲れも感じにくくなります。 指はホームポジションの上に待機して決められた指で打つ タッチタイピングをマスターするには、手元を見ないことが大切です。 指はホームポジションの上に待機して、決められた指で打つようにしましょう。 慣れないうちはついついキーボードを見たくなる誘惑に駆られますが、キーボードを見ているうちはタイピングが上達しません。 見たくなる気持ちをおさえて、画面だけを見つめるようにしましょう。 タイピングをマスターして効率アップ 文字を打つだけならどのようなやり方でも問題ないように思えますが、自己流で正しいタイピングフォームを身につけるのは難しいものです。 タッチタイピングをマスターすれば、パソコンの文字入力の効率が格段にアップします。 入力ミスが減ると仕事もはやく終わります。 短時間で作業が終われば、時間の節約にもつながります。 ホームポジションの習得は身体で覚えるしかありません。 何度も練習して指先にキー位置の感覚を叩き込みましょう。 タッチタイピングができれば、キーボードを見ながら入力するのと比べて首や肩への負担が少なく、考えたことをすぐにアウトプットできるようになるでしょう。 大切なことは毎日少しずつの練習することです。 この記事では、楽しく練習できる質のよいタイピングソフトを紹介しているのでぜひ活用してタイピングの上達に役立ててください。 タイピングを快適に行うためにキーボードを変えてみてはいかがでしょうか。 「」でおすすめのキーボードを紹介していますのでぜひご覧ください。

次の

伸ばし棒「ー」をタッチタイピングするときのコツ

ベネッセホームポジション

皆さん、ブラインドタッチできますか? 私は、仮にも商業高校出身者なので、ある程度は見なくてもキーボードを打つことはできます(早いか遅いかは今は問わない)。 ただ、ホームポジションというものを意識しながらキーボードを打つことは、実はそこまで意識してきませんでした。 満遍なく全ての指を使ってキーボードを打つことはできますけど、それでも本来の指の役割通りに打てているかと言われるとかなり怪しいです・・・。 わりとできてしまっていたので、それなりに独学でやってしまったところが大きいんですよね。 なので、実際のホームポジションに合わせて打てているのかを試すために、「ベネッセが無料で提供しているタイピング練習の為の教材を使ってみました。 実際のポジション通りにやったらどうなるのか。 ホームポジションを意識してキーボードを打ってみた 今回使ったのはこちらのサイトにあるタイピング基礎練習というものです。 誰でも完全無料で使えるので、自分のタイピングのやり方が独特で、ちゃんとしたポジションで練習をしたいという人は是非どうぞ(笑) ちなみにタイピング時間は5分で、どのキーを押すのかと、使う指が青くなります。 開始すると、画面上部に入力する文字が出てきて、下には押すキーと使う指が出てきます。 ちなみに、私の結果からいうと、14点でした(全くの雑魚)。 ちなみに2回目は35点でした(少しだけかってをつかんだ)。 いつもの打ち方でやっては意味がなくて、指定された指で指定された場所をひたすらに押していくので、自分がどれだけ自己流でやってきたのかが露呈する結果になってしまいました(笑) やってみて思ったのは、「 句読点などのMのキーから右側のキーのポジションが全然狂っていた、ということ」です。 この部分の押し間違いがとても多かったです。 文字に関してはそれなりにわかってはいるものの、指定された指で指定されたキーを押すっていうのが戸惑ってしまって、結構ミスをしてしまいました。 矯正したい人には良いと思う ブラインドタッチで、それなりに打ててしまているから良いっていう人はそのままでも良いかもしれません。 しかし、ブラインドタッチが苦手で、どうしてもキーボードを見てしまうとか、タイピングミスが目立つっていう人は、やってみると安定した速さで打てるようになるかなと思います。 私はかなり残念な結果にはなってしまいましたけど、普段からキーボードは打ってきているので、そこそこの速さでブラインドタッチができてしまっています。 なので、そこまで練習は重ねないかもしれませんが、打ちミスはしてしまうので、それの矯正用に少しだけでも練習しておこうかなと思います。 是非トライしてみてはどうでしょうか(笑) 結構ボロボロ加減がわかってしまうかもしれませんよ(笑) ではでは。 redberry072169.

次の

ベネッセへの転職活動を始める前に必見!専門家によるまとめ

ベネッセホームポジション

伸ばし棒って、タイピングしづらいですよね。 「他の文字のタッチタイピングはできても、伸ばし棒だけは間違えてしまう……」という方も、多いのではないでしょうか。 この記事では、伸ばし棒のタイピングが苦手な方に向けて、「-」をミスせずに打つコツを紹介します。 「まだタッチタイピングができない!」という方は、次の記事を参考にして練習してみてください。 関連記事: 目次• 伸ばし棒のタイピングは難しい タッチタイピングの練習を始めて、何とかローマ字入力で日本語が打てるようになってきた方がつまづきやすいのが、伸ばし棒「ー」だと思います。 「伸ばし棒以外の文字はタッチタイピングできるけれど、伸ばし棒はミス連発……」という方も多いでしょう。 私自身も、タイピングの練習を始めたばかりの頃、伸ばし棒に苦しめられました。 キーボードの右上の方にある• ー(伸ばし棒)• 「(かぎ括弧)・ などを打ち分けることができず、適当に「ここらへんかな?」と押してしまい、ミスタイプを連発してしまうのです。 なぜこれほどタイプミスが頻発するのでしょうか。 これは、• よく使う文字であるにもかかわらず、ホームポジションから遠い• あまり器用でない小指を使う という 2 つの理由からだと思います。 これらは、運指表を見ると明らかです。 運指表(伸ばし棒) ホームポジション(上から 3 段目、F と J がある段)から遠く、小指で打つ範囲(水色)に入っていることが分かります。 このように、伸ばし棒はタイピングしづらいキーです。 そのため、いま伸ばし棒が全然打てなくても、落ち込む必要は全くありません。 伸ばし棒をミスなく入力できるようになるためには、繰り返し練習する必要があります。 ですので、タイプミスが多くても諦めずに、練習を続けることが大切です。 ですが、ただ練習を繰り返すだけと言われても、どうすれば良いのかわからないですよね。 そこで、ここからは 「ー」キーを少しでも簡単に打てるようになるためのコツを紹介します。 打つ指は薬指か小指 先ほど、 伸ばし棒は小指を使って打つと説明しました。 しかし、 伸ばし棒は薬指で打っても大丈夫です。 小指は「-」キーに近いというメリットがありますが、• 5 本の指の中でも不器用• 長さが短い• すばやく動かすのが難しい といったデメリットもあります。 そこで、小指より器用で、比較的長い 薬指を使うのです。 以前、私は伸ばし棒を小指で入力していました。 しかし、なかなか安定せず、なにか良い方法はないかと試行錯誤しているうちに、薬指のほうが入力しやすいことに気づき、薬指で入力するようになりました。 どちらの指で打つほうが楽なのかは、個人差があると思います。 (もしかしたら人差し指や中指の方が打ちやすいと感じる方もいるかもしれません) ひとまず両方の指を試してみて、自分が打ちやすいと思える指を使うと良いと思います。 標準運指と最適化 「運指表では『伸ばし棒を小指で打つ』となっているのに、薬指で打っても大丈夫なの?」と心配する方もいるかも知れません。 しかし、 どのキーをどの指で押すかは自由です。 先程の運指表は、「標準運指」と呼ばれる「学校などでタイピングを教えるために使う仮の運指」を表しています。 標準運指は、あくまでも「仮の運指」ですから、自分が打ちづらいと思ったのなら、自由に運指を変えても良いのです。 (もちろん、標準運指が打ちやすいと感じるのであれば、それを自分の運指にします) このように、自分が打ちやすい運指を使うことを「最適化」と言います。 薬指で打つなら「手を広げる」イメージ 薬指を使って「-」キーを打つ時には、 手首を動かさずに、手を広げることを意識すると打ちやすいです。 ホームポジションに手を置いたとき、手と指は軽く曲がっています。 「ー」キーはホームポジションから遠いので、ホームポジション上で薬指を伸ばしただけでは、「ー」キーに指が届きません。 そのため、薬指を「-」キーの場所まで動かそうとすると、腕全体が前に動いてしまいがちです。 これでは、ホームポジションからの移動が大きく、ホームポジションに戻ることが難しくなってしまいます。 そこで、手首をなるべく動かさずに、軽く曲がっている手と指を伸ばすことで、ほとんどホームポジションから動かずに、薬指を「-」キーに届かせることができます。 打ち終わった後は、伸ばした手と指をもとのように曲げることで、自然とホームポジションに戻ることができると思います。 小指で打つなら「手を回転させる」イメージ 小指を使って打つ方は、 人差し指を固定して、手を回転させて打つことを意識すると良いと思います。 回転させると言っても、手のひらを上にするというわけではなく、肘を外側に出して腕をハの字にするということです。 小指を「-」キーまで動かすときに、腕全体を前に動かしてしまうと、ホームポジションからの移動距離が大きいです。 すると、ホームポジションに手を戻すときに手間取る可能性があります。 そこで、人差し指を「J」キーから離さず、この人差し指を軸として右奥に手を回転させると、「-」キーの場所に小指を置くことができます。 この動きで伸ばし棒の場所を覚えることができれば、ミスせずに入力できるでしょう。 慣れてくれば、人差し指が「J」キーから離れていても、入力できるようになると思います。 伸ばし棒の練習におすすめの練習方法 伸ばし棒だけを集中して練習したいときにおすすめのサイト・ソフトを紹介します。 「-」集中タイピング 伸ばし棒が入った単語だけを練習することができるサイトです。 1 つ 1 つの単語が 3 文字程度なので、「-」の打ち方を集中的に練習できます。 まずは、このサイトで打ち方の練習をすることをおすすめします。 タイプウェル国語 R「カタカナ語」 無料のタイピングソフト「タイプウェル国語 R」の練習モードの 1 つ「カタカナ語」です。 カタカナ語には、伸ばし棒が入った単語が多いので、伸ばし棒を入力する練習になります。 長い単語も登場するので、「-」集中タイピングよりも実践的な練習ができるでしょう。 タイプウェルについて更に詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。 関連記事: まとめ:自分の打ちやすい方法を見つけよう ここで紹介したコツは、あくまでも私が意識している(していた)ことです。 この方法で打ってもいいですし、自分なりに改良して打っても構いません。 練習を続けて、伸ばし棒への苦手意識をなくしてしまいましょう。

次の